Humidification & humidity control in printing

印刷における加湿と湿度管理

競争が激化し、投資収益率が重要な印刷市場では、生産のすべての段階で品質と生産性を維持するために湿度管理が不可欠です。

紙とインク

紙は非常に吸湿性が高く、乾燥した空気にさらされると急速に水分を失います。 シートや巻き取りのロール紙は通常、相対湿度50±5%の空気と平衡状態を保つように製造および包装されています。

周囲の湿度がこのレベルを下回ると、紙は露出した表面から水分を失い、その形状や寸法、物理的特性に変化が生じます。相対湿度40%以下では、紙の上などで紙が動くことで静電気が発生し、ホコリを吸着して扱いにくくなります。 この問題は、温暖な気候でも相対湿度が20%を下回ることもある暑い夏と寒い冬に最も顕著になります。

水性インクを使用する場合、通常は相対湿度55±5%の高い相対湿度が推奨され、一部のインクメーカーは60%を推奨しています。

整版

保護フィルムや保護紙がプレートから取り除かれたあと、相対湿度が40%しきい値を下回ると静電荷が発生します。 これにより、傷のない表面にほこりや砂が引き寄せられて取り扱いが困難になり、火花も発生します。相対湿度45%の環境を維持することでこれを防ぐことができます。

デジタル印刷

他の印刷で起こる用紙の問題はデジタル印刷にも同様に当てはまりますが、機械に関連する静電気の問題は特に問題になることがあります。これに対抗するために、相対湿度 50 ~ 55%が推奨されています。

枚葉オフセット印刷

プレスホールが乾いている状況とは、カバーされていない紙の端が急速に水分を失うことを意味します。エッジがきつくなるため用紙がカールして給紙の失敗の原因となり、用紙がブランケットと圧シリンダーの間を通過する際に見当ずれを起こしたりドットが二重化したり、折り目が発生したりします。

給紙の失敗は静電気の蓄積によっても発生し、印刷済みの紙の積み上げも難しくなります。 印刷物は変化し続けており、別の選択肢を待っていますが、見当ずれが特に問題になっています。

空気が乾燥していると仕上げ工程を通過する際に静電気による紙の張り付きやシワ、折り目のひび割れが発生します。

こうした空気の乾燥の影響は非常に深刻で、印刷そのものが完全に停止してしまうこともあります。こうした問題は、印刷ホールとそのバイナリで相対湿度50 ~ 55%の相対湿度を維持することで解決されます。

Web printing

紙保管庫、レイダウンエリア、および巻き込みスタンド内の空気が乾燥しすぎると、紙ロールの露出した端が湿気を失って収縮します。 輪転機では、紙は中央よりも端に大きな張力がかかっているため、端が裂け、巻き取り紙の破損につながります。 そして紙を継ぎ足したり印刷機に通したりするため、かなりのダウンタイムが発生します。

乾いた印刷ホールでは、紙が急速に印刷機を通過すると静電気が発生します。すると紙がくっつくのでカット、トリミング、折りなどの仕上げに進むときに特に問題になります。

巻き取り紙印刷はそもそも生産性が高いので、生産における損失はコストがかかります。ですが空気の乾燥に関連する問題は、相対湿度を50 ~ 55%RHに維持することで対処できます。水性インキのフレキソの場合は相対湿度55 ~ 60%が必要です。

 
  • 空気が乾燥すると静電気が増加し、用紙が貼り付いたり、紙送りの問題が発生したりします。 印刷室の湿度が不適切だと空気中から水分を失ったり増やしたりするため、用紙自体の寸法変化を引き起こす可能性があります。 これにより、用紙のカールや見当合わせの問題が発生する可能性があります。

  • 冬になると、プリンターは湿度に関連する問題に直面することが多くなります。 寒い冬の空気は、暖かい夏の空気よりも水分を保持する量がはるかに少ないためです。冬の冷たく乾燥した空気が印刷室の機械によって加熱されると、湿度が非常に低下する可能性があります。

  • 印刷室の最適な湿度レベルを年間を通じて維持するには、商用の加湿システムが必要です。 その他、印刷前に紙が空気にさらされる時間を最小限に抑えること、印刷室とは異���る温度で保管されている場合は包装を解く前に紙を順応させることなどが対策としてできます。

  • ほとんどの印刷プロセスと用紙の保管庫は、相対湿度45 ~ 55%を維持することで効果が得られます。

  • 簡単な湿度計でも十分あなたの環境の湿度レベルを教えてくれます。 静電気や迷惑な火花が発生している場合は、湿度レベルが低すぎることを示しています。

印刷室の湿度管理について専門家の無料アドバイスを受けませんか?

印刷でコンデア加湿使用するメリット :

  • 世界中からの印刷プロセスにおける広範な専門知識を持っています。

  • 包括的な製品ラインナップで、お客様の要求を正確に満たします。

  • 相談、設計、供給、設置、試運転、メンテナンス、スペア供給など包括的なサービスを提供しています。

  • 革新的で実証済みの設備を提供することができます。

  • 低エネルギーシステムの湿度管理で運用コストを削減します。

  • 低メンテナンスのシステムで継続的なサービス要求を軽減します。

  • 生産性と製品品質を工場し、無駄を削減して利益を増加させます。

印刷分野のお取り引き企業

    - Hewlett Packard(スペイン)

    - Tetra Pak(中国)

    - Heidelberger(ドイツ)

    - Vista Print(オランダ)

    - RR Donelly(アメリカ)

    - OCE Druckcenter(ドイツ)

    - SCA Hygiene Products(ベルギー)

    - Amcor Tobacco Packaging(ロシア)

    - Komori (フランス)

    - News International (イギリス)

    - Rizla(イギリス)

    - Fujifilm(イギリス)

    こちらから世界中の印刷分野のお取引企業をご覧いただけます。

    あなたへのおすすめ